交通事故の過失を徹底的に追求した

事故による過失割合というのは、多くの場合保険会社が決める内容となっています。
自動車の運転やバイクの運転をする人であれば任意保険に加入している人が多いのですが、交通事故による過失割合というのは様々な定義があるため自分で考えている内容と、実際に事故が起きてしまった場合の過失割合が大きく異なってくるケースがあります。
例えば車同士の事故の場合、基本的に追突事故が起きた場合には、追突した側に100%の過失割合が割り当てられるといった認識の方がほとんどではないでしょうか。

しかしこれはあくまでも基本としてこのような認識になっているだけであり、実際の交通事故の状況によっては被害者となる追突された側にも過失が割り当てられるケースがあります。
特に高速道路などの場合には一般道路よりもスピードを出しているため追突された側が何らかの理由で急ブレーキをかけたり周囲の環境しっかりと把握せず突然の車線変更をした後の場合には被害者となってしまう追突された側にも過失があるとみなされることとなります。

 

様々な過失対象

自転車と自動車の事故の場合には自転車は当然ながら事故に遭ってしまった際に車が全面的に悪いと思ってしまいがちです。
しかし、夜間の走行などにおいて自転車が無灯火で走っていた場合には自転車側にも過失が割り当てられることになっています。
自転車は自転車で走行する際に様々な決まりがあり、このような決まりをしっかり守っていなければ過失があると判断されてしまうのは仕方ないことだといえるでしょう。

歩行者の場合であってもあからさまに信号無視をしていたという場合や、反対に歩行者が規則を守って歩いていても、一人で横断歩道を渡っている場合と、集団で渡っている場合とでは、車の過失が全く変わってきます。
集団で横断しているのであれば、車から発見することはとても簡単ですので、このような状況の中で車が加害者となるケースではドライバーに非常に大きな過失が決定することになります。

 

立場による過失の違い

上記のように歩行者と自動車の事故の場合には当然ながら自動車の過失割合が大きくなるのですが、それでも成人した大人が被害者になってしまうケースと小さな子供または年寄りが被害者になってしまうケースでは、ドライバーに課せられる過失割合も大きく異なってきます。
小さなお子様やお年寄りの場合には判断能力の低いとみなされるため、こうした立場の方が被害者となってしまうケースでは過失割合が大幅に減算されどんなに歩行者が悪いと思われるような交通事故であってもやはりドライバーがほとんどの過失となり、保証しなければならないといった事実になっています。

また商店街の走行中での事故などにも様々な決まり事があり、頻繁に歩行者が横断することが想定できるため、スピードを出して走っていたなどの場合には当然ながらドライバーに大きな過失を割り当てられることになります。

 

自転車は要注意

自転車と自動車の事故に関しては様々なトラブルが後を絶たない状態となっているのですが、自転車が被害者となってしまう場合であっても状況によっては自転車側に対して過失を加算するといったいくつかの要素があります。
例えば、本来であればいけないと禁止されている自転車2人乗りをしている場合、このほかにも片手運転を含み、手放し状態で運転している場合、さらに傘をさしていたり、携帯電話を使用しながらの走行や音楽を聴きながらの走行に関しても過失が加算される要因となっていますので、自転車に乗る人は注意しなくてはなりません。
さらには被害者が歩行者となってしまう場合であってもお酒に酔っていてふらふらと歩いているような状況の中では必ずしも歩行者の過失がゼロというわけではなく、加算されるケースもありますので覚えておきましょう。